沿革・略史

大正5(1916)年10月頃 T.R.フランシス宣教師が東城で伝道開始
昭和3(1928)年4月27日 日本アライアンス東城教会設立
事務所: 東城町393の3
当時の牧師: 飯田五郎師
昭和7(1932)年1月15日 日本協同基督東城教会と改称
事務所: 東城町上町208の6に移転
当時の牧師: 渡邊源一師
昭和16(1941)年6月 日本基督教団への合併、 日本基督教団東城教会と改称
当時の牧師: 渡辺源一師
昭和25(1950)年12月19日 日本基督教団を離脱、日本アライアンス教団に加入
当時、牧師は不在
昭和27(1952)年8月21日 教会堂竣工移転
事務所: 東城町上町384 (現在地)
当時の牧師: 藤家栄一師 (6月4日着任)
昭和28(1953)年2月9日 宗教法人東城キリスト教会設立申請認可
当時の代表役員: 藤家栄一師
昭和33(1958)年4月 松山潔牧師、着任
昭和38(1963)年3月 諌山久義牧師、着任
昭和42(1967)年3月 小川喜止男牧師、着任
昭和45(1970)年4月 めぐみ幼児園、開始
平成15(2003)年3月 めぐみ幼児園、終了
平成17(2005)年4月1日 横山晋次牧師、庄原教会と兼任
平成20(2008)年3月 生田嘉文主任牧師、福山教会と兼任
一森義史副牧師、専任牧師として着任
平成22(2010)年5月 一森義史牧師、主任牧師として着任

礼拝堂この教会の働きには、多くの牧師、宣教師、信徒、関係者が加わり、今日を築く礎となってくださいました。殊に、故・松山静師、スーザン・ディック宣教師の働きと貢献は大きいものがありました。

現教会堂は、伝統的な日本家屋様式で建築されています。材木は、7年以上寝かせて安定させたもの、土壁も本格的な真壁で、柱と土壁とは古来の日本建築の手法が生かされており、極めて隙間のない状態で保持されております。材木も、栗や桧をふんだんに用いてあり、基礎もしっかりした状態で施工されております。

日本アライアンス教団 東城キリスト教会
〒729-5124広島県庄原市東城町東城384
Tel 08477-2-0288 -  メール -

© 2006-2017 Tōjō Kirisuto Kyōkai. All rights reserved.
Site hosted by Jaspella Gospel Guide.